ウォンバットとは?

『ウォンバットハウス』の『ウォンバット』って一体何?とお思いになった方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。ウォンバットハウスのロゴを見て、熊に似ている動物かなぁと推測された方もいらっしゃったはず。

ウォンバットとは、オーストラリアに生息する有袋動物の一つで、体長は70~120cmくらい、体重は25~40kgくらいあります。ずんぐりむっくりした体はグレーや茶色の毛で覆われていて、大きな頭に小さい耳、コアラのような大きな鼻が特徴的の可愛らしい動物です。スローな動作もまた愛らしいのですが、がっしりとした足と鋭い爪を持っていて、巣となる穴を掘る《穴掘り名人》でもあります。その穴は全長約20mもあり、いくつかの入り口と部屋などから成り立っています。昼間は巣穴で暮らし、夜になると地上に出てきて、餌となる野草や木の根などを食べます。

コアラやカンガルーと同じ有袋動物なので、もちろん赤ちゃんも袋の中で育ちます。小さな赤ちゃんウォンバットは生まれてから約半年間はお母さんの袋の中でお乳を飲みながら過ごします。そんなお母さんウォンバットの袋は、コアラやカンガルーとはちょっと違い、実は後ろ向きに付いています。赤ちゃんはお母さんの後ろ足のほうから袋に入るわけです。なぜ袋が後ろ開きになっているかというと、ウォンバットは穴を掘る動物なので、前向きに袋が付いていると、穴を掘ったときに土が袋の中に入ってしまうからだそうです。自然というものはうまくできているものですね。

 

IMG_0001-4     IMG-7

IMG_0002-5