Stage 1(小学生クラス)

お子様にどんな英語力を身に付けてもらいたいですか?

Wombat Houseでは、将来お子様が国際人の1人として使える本物の英語力を目指しています。

IMGP1408  IMGP1592

それは、単に英語テストでの高得点をとることや何となく会話ができるということなどではなく、もっと先にあります。

将来、国際人の1人として、海外の人たちと幅広い分野で会話ができたり、本や新聞が読めたり、効果的なプレゼンテーションが行えたり、エッセイや論文が書けたりなど、国際社会で自由自在に使える本物の英語力を身につけることです。

5つのスキルを学びます

会話だけではなく、読み書きも含めた総合的な英語力を培います。クラスは原則的に全て英語で行われ、アクティビティーを通して、聞く力、話す力、会話力、読む力、書く力の5つのスキルをバランスよく伸ばします。

会話だけではなく、英語の本を自分で読んだりできるようにもなります。

フォニックスを学びます

導入部分として「フォニックス」というつづり字と発音の規則を学び、早い段階から読み書きができるようになります。

日常使う言葉や会話を遊び感覚で楽しく学びます

クラスの中では、ゲームや歌などを通して、楽しく段階的に様々な語彙や表現、日常使う会話などを学習します。生徒の皆さんは遊びながら英語を学んでいきます。

子ども中心の学習方法

教師が全てを教えるのではなく、生徒さんたち本人の発見や自主性を促します。子どもたちに考える時間や「何だろう?」という知りたがる時間を与えるのも大切な学習プロセスです。一見遠回りに見えるかもしれませんが、生徒の皆さんが試行錯誤しながら自分で発見した答えは忘れることのない確実な力となります。  

リーディング・プログラム

ウォンバットハウスでは、生徒の皆さんが英語の絵本を音読する『多読プログラム』を行っています。このプログラムでは、英語圏の小学校でも使われている『スプリングボード』というレベル分けがされた絵本の教材を使います。

クラスで基本的なフォニックスを習得した後は、『リードアットホーム』のプログラムが始まり、生徒さんたちは自宅に本を持ち帰って宿題として読書をします。この多読プログラムの教材は全30レベル240冊あり、生徒の皆さんはこの240冊全部を読破します。

IMGP1614  IMGP1411